出典:デジタル大辞泉(小学館)

南北朝時代の歌人・語学者。俗名、源知行 (みなもとのともゆき) 。曽祖父光行、祖父親行、父義行と代々学者の家系に生まれ、源氏物語校合を行った。「原中最秘抄」を増補完成、また「仮名文字遣」を著した。生没年未詳。