出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良時代に行われた染色法。文様を彫った2枚の板の間に折り畳んだ布帛 (ふはく) を固く挟み、文様の部分に孔 (あな) をあけて染料を注いで染める。板締め。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉