出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「論語」子路から》いちずに理想に走り、自分の意思をまげないこと。