出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 日本の古典芸能の一。猿楽のこっけいな物真似 (ものまね) の要素が洗練されて、室町時代に成立したせりふ劇。同じ猿楽から生まれたに対する。江戸時代には大蔵和泉 (いずみ) 鷺 (さぎ) の三流があったが、鷺流は明治末期に廃絶した。本狂言間 (あい) 狂言に大別される。能狂言。

  1. 歌舞伎。また、その出し物。歌舞伎狂言。

  1. 人をだますために仕組んだ作り事。「狂言強盗」

  1. 道理にはずれた言葉や動作。

    1. 「仏法を知らざる痴人 (ちじん) の―なり」〈正法眼蔵・礼拝得髄〉

  1. 戯れの言葉。ざれごと。冗談。また、ふざけて、おもしろおかしく言うこと。

    1. 「正直にては良き馬はまうくまじかりけりと―して」〈盛衰記・三四〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース