あ‐ば【網端/浮子】 の意味

  1. 漁網の縁。
  1. 漁網の上縁につける、中空のガラス玉などの浮き。
  • 名詞
  • あ‐ば【網端/浮子】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・黙ってその児はシンになって浮子を見詰めて釣っている。

      幸田露伴「蘆声」