出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言で用いる面。おかしみのあるものが多い。神・鬼や動物のほか、老人・醜女の役などに用いる。武悪 (ぶあく) 嘯 (うそふき) 賢徳乙 (おと) など。