出典:デジタル大辞泉(小学館)

ブラウン管の方式の一。電子銃が発したビームが、アパーチャーグリルと呼ばれる縦方向のスリットを通り、蛍光面に当たる。シャドーマスク方式に比べ、コントラストが高く画面が明るいという長所がある。ソニーのトリニトロン、三菱電機のダイヤモンドトロンなどがこの方式をとる。