出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動ナリ]

  1. 禅宗で、座禅中の僧の眠けや心のゆるみ、姿勢の乱れなどを戒めるため、肩などを打つ木製の棒。長さ1メートルほどで、先は扁平な板状。けいさく。

  1. 《「きょうざく」とも》

    1. ㋐人が驚くほど詩文にすぐれていること。また、そのさま。こうざく。

      「文ども―に、舞、楽 (がく) 、物の音ども、ととのほりて」〈・花宴〉

    2. ㋑人柄・容姿・物事などがすぐれてりっぱなこと。また、そのさま。こうざく。

      「御心ばへもいと―に、御かたちもいとうるはしく」〈増鏡・三神山〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉