きょう‐さん〔キヤウ‐〕【×讚】 の意味

  1. 仏菩薩や祖師の功徳 (くどく) を喜び、ほめたたえること。けいさん。
  1. 新たに仏像・経巻・堂塔などが完成したときに行う、喜びたたえる仏事。→落慶 (らっけい) 

きょう‐さん〔キヤウ‐〕【×讚】の慣用句

  1. きょうさんえ【慶讚会】
    • 仏像・堂塔・写経などの完成を祝う法会。
    • 浄土真宗で、7月15日に阿弥陀の仏徳をたたえる法会。