出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 財産の私有を否定し、生産手段・生産物などすべての財産を共有することによって貧富の差のない社会を実現しようとする思想・運動。古くはプラトンなどにもみられるが、現代では主としてマルクスエンゲルスによって体系づけられたマルクス主義思想をさす。

  1. マルクス主義で、プロレタリア革命によって実現される人類史の発展の最終段階としての社会体制。そこでは階級は消滅し、生産力が高度に発達して、各人は能力に応じて働き、必要に応じて分配を受けるとされる。→マルクス主義

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

出典:gooニュース