出典:デジタル大辞泉(小学館)

赤膚焼 (あかはだやき) の異称。江戸時代、寛政年間(1789~1801)に大和郡山城主の柳沢尭山が再興したことからついた名。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉