きょう‐しゅ〔ケウ‐〕【×梟首】 の意味

  1. [名](スル)斬首 (ざんしゅ) した人の首を木にかけてさらすこと。また、その首。獄門。
  • 名詞
  • きょう‐しゅ〔ケウ‐〕【×梟首】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・信長に至っては自家集権を欲するに際して、納屋衆の崛強を悪み、之を殺して梟首し、以て人民を恐怖せしめざるを得無かったほどであった。

      幸田露伴「雪たたき」