きょう‐じゅ〔キヤウ‐〕【享受】 の意味

  1. [名](スル)受け入れて自分のものとすること。受け入れて、味わい楽しむこと。「自由を享受する」「テレビの恩恵を享受している」
  • 名詞
  • きょう‐じゅ〔キヤウ‐〕【享受】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・文化国家は国家の統制力によって、個人が孤立しては到底得られないような教養と力と自由とを国民に享受せしめねばならぬ。

      倉田百三「学生と教養」

    • ・・・平野の中の緩い流れの附近の、平凡といえば平凡だが、何ら特異のことのない和易安閑たる景色を好もしく感じて、そうして自然に抱かれて幾時間を過すのを、東京のがやがやした綺羅びやかな境界に神経を消耗させながら享受する歓楽などよりも遥に嬉しいことと思・・・

      幸田露伴「蘆声」

    • ・・・なんという大きい特権を私は享受していたことだろう。

      太宰治「女生徒」