出典:デジタル大辞泉(小学館)

胸膜腔に貯留した液。通常は少量が胸膜の表面をうるおしているが、胸膜炎肺癌 (はいがん) 肝硬変などの際に増加する。