出典:デジタル大辞泉(小学館)

伝染病予防法により、患者または感染のおそれや疑いのある者を、伝染病院・隔離病舎などに強制的に隔離したこと。平成11年(1999)同法は廃止され、代わって施行された感染症予防法では、特定の感染症患者などに対して、感染症指定医療機関への入院の勧告ができるとされている。