出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鏡に映る像。一般に、平面に関して対称をなす点や物体の像。

  1. 中心O、半径rの球で、その空間にO以外の点Pをとり、その半直線OP上にOP・OQ=r2となる点Qをとったとき、P・Qを相互にその鏡像であるという。→反転4