きょうどう‐ち【共同地】 の意味

  1. 古代・中世ヨーロッパの農漁村で、住民が放牧・伐採・狩猟・漁労などに共同で利用した土地。日本での入会地 (いりあいち) に当たる。