出典:デジタル大辞泉(小学館)

京都議定書における温室効果ガス排出量削減目標を、国際的な協力や活動によって達成するための仕組み。共同実施(JI;joint implementation)、クリーン開発メカニズム(CDM;clean development mechanism)、国際間の排出量取引(ET;emissions trading)がある。柔軟性メカニズム。柔軟性措置。