ぎょう‐はく〔ゲウ‐〕【×澆薄】 の意味

  1. [名・形動]道徳が衰えて人情のきわめて薄いこと。また、そのさま。
    • 「人情の―に流るるをいと嘆かわしきことに思いて」〈逍遥小説神髄
  • 名詞