出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、太政官 (だいじょうかん) 八省の一。訴訟や罪人の裁判・処罰などを管掌。うたえただすつかさ。うたえのつかさ。

  1. 明治2年(1869)設置された六省の一。裁判警察監獄のことを管掌。同4年司法省の設置により廃止。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/明治時代以降]カテゴリの言葉