出典:デジタル大辞泉(小学館)

蒔絵 (まきえ) の技法の一。金箔を置いて梨子地漆で地塗りをし、刑部梨子地粉といわれる不整形の金銀粉末を置き、その上に梨子地漆を塗り重ねて研ぎ出したもの。江戸時代、漆工刑部太郎の創案といわれる。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉