きょうよう‐りん【供用林】 の意味

  1. 契約によって、地元住民が林産物を採取したり、家畜を放牧したりすることを認める国有林。
  • 名詞