出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 物事の程度の限界のところ。極限。

    1. 「此孔雀の舌の料理は…豪奢風流の―と」〈漱石吾輩は猫である

  1. 程度のはなはだしいこと。また、そのさま。「極度に緊張する」

出典:青空文庫

出典:gooニュース