出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]きわめて小さいこと。また、そのさま。ごくび。「極微の世界」「極微な生物」