出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国の字書。30巻。梁 (りょう) の顧野王 (こやおう) 撰。543年成る。「説文解字 (せつもんかいじ) 」にならって、字数を大幅に増加した部首分類体の字書。のち、唐の孫強が増補し、宋の陳彭年らが勅命により増補修訂した。顧野王の写本の一部は日本に現存。