出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 官庁や企業などの部局の事務。

  1. 太政官 (だいじょうかん) 中の外記 (げき) の上席の者(大外記)で、少納言局を兼ねたもの。平安時代以後、中原清原両氏の世襲となった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉