出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]何のわだかまりもないすなおな心で、物事にのぞむこと。また、そのさま。「虚心坦懐に話し合う」

出典:青空文庫