出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 会議で可決されたことに同意をこばみ、効力の発生を防ぐことのできる権利。

  1. 国際連合安全保障理事会における常任理事国に認められる特権的な表決権。一国が拒否すれば案件が成立しない。

  1. 議会を通過した法律に対し、君主・大統領などが承認をこばみ、その成立をさまたげる権限。