出典:デジタル大辞泉(小学館)

清元節の家元。

(初世)[1777~1825]江戸の人。初名、2世富本斎宮 (いつき) 太夫。富本節から分かれて清元節を創始。のち延寿斎と改名。
(2世)[1802~1855]初世の子。美声の持ち主で名人太兵衛といわれ、清元節の基礎を確立。
(5世)[1862~1943]4世の養子。清元節の語り口を上品にし、社会的地位の向上に努めた。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉