出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]清く美しいこと。気品があって美しいこと。また、そのさま。
  • 「青く―にて物問いたげに愁いを含める目の」〈鴎外舞姫
「装束の―なること、物にも似ず」〈竹取
[補説]平安時代には「きよげ」よりも上の第一流の美をさして用いた。