あぶな・い【危ない】 の意味

  1. [形][文]あぶな・し[ク]
  1. 災いが起こりそうである。危険だ。「―・い遊び」「―・い目に遭う」
  1. すぐにだめになりそうである。消滅・破産・死などの状態が近い。「経営が―・くなる」「命が―・い」
  1. 見通しが暗い。あてにならない。「明日の天気は―・いようだ」
  1. 信頼の度が薄い。不確かだ。「その話は―・いなあ」
  1. 不安定だ。「―・い足どり」
  1. [派生]あぶながる[動ラ五]あぶなげ[形動]あぶなさ[名]
  1. [用法]あぶない・[用法]あやうい――「危ない」は、「夜のひとり歩きは危ない」のように悪い結果になる可能性が高い場合に使われ、「危険だ」も同じ意味で使われる。◇「危ない」には、信頼度が低い、確実ではない、の意もある。「合格できるかどうか危ないものだ」など。◇「危うい」には、気がかりだ、不安だ、の気持ちが込められる。「危うい立場」と「危ない立場」には微妙なニュアンスの違いがみられる。◇「ところ」などを付けた形「危ないところを助かった」「危ういところを助かった」の場合では、両者とも用いられる。

あぶな・い【危ない】の慣用句

  1. 危ない橋を渡る
    • 危険な手段をとる。特に、承知で法律に違反するような行為を行う。
  • あぶな・い【危ない】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・――姉さんが来て、今日は火が燃える、大火事があって危ないから、早仕舞にしてお帰りなさい。

      泉鏡花「朱日記」

    • ・・・ブリッジを渡る暇もないのでレールを踏越えて、漸とこさと乗込んでから顔を出すと、跡から追駈けて来た二葉亭は柵の外に立って、例の錆のある太い声で、「芭蕉さまのお連れで危ない処だった」といった。

      内田魯庵「二葉亭余談」

    • ・・・そしてなにげないふうで、その子供の後ろにまわって、えりもとへはえを落として、「あっ、危ない、はちが入った! はちが入った!」と叫んだ。

      小川未明「つばめと乞食の子」