出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ゴマノハグサ科の落葉高木。高さ約10メートル。樹皮は灰白色。葉は大形の広卵形で長い柄をもち、対生。5月ごろ、紫色の鐘状の花が円錐状に集まって咲く。実は熟すと殻が裂け、翼をもった種子が出る。材は白く、軽くて狂いが少なく、げた・たんすなどに重用。中国の原産。しろぎり。 花=夏 実=秋》

  1. 紋所の名。桐の花と葉をかたどったもの。五七の桐五三の桐・唐桐 (からぎり) など。

  1. 1の材で作るところから》琴。

  1. 2を打ってあるところから》大判・小判などの判金。また、金銭。

    1. 「籠を出る鳳皇―の光なり」〈柳多留・七一〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

[秋/植物]の季語