出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. ひと続き、ひとまとまりになっているものを、少しずつ切って売ること。「土地を切り売りする」

  1. 知識・学問や自分の経験などを小出しにすること。また、そのようにして収入を得ること。「学問の切り売り」

  1. 人間にとって価値のあるものを少しずつなくしていくこと。「良心の切り売り」