出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 古今伝授で、奥義とする秘説を切り紙に記して伝授する形式。東常縁 (とうつねより) 宗祇 (そうぎ) に行ったものを最初とする。

  1. 神道で、口伝による誤りなどを避けるために、1にならって切り紙に記して行った伝授。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉