出典:デジタル大辞泉(小学館)

グアテマラ東部、ホンジュラスとの国境近くにあるマヤ遺跡。モタグア川の中流域において8世紀頃を中心に最も繁栄した。保存状態のよい10基もの石碑があり、マヤ文明の研究において重要な価値をもつ。1981年に「キリグアの遺跡公園と遺跡群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉