出典:デジタル大辞泉(小学館)

エジプト北部にある同国最古のキリスト教都市遺跡。アレクサンドリアの南西約70キロメートルに位置する。ローマ帝国のキリスト教弾圧によって殺された聖者メナスを祭った場所。原始キリスト教の一派であるコプト教会の聖地として栄えたが、9世紀にイスラム教徒の侵略により滅びた。20世紀初頭、砂に埋もれた遺跡が発掘された。1979年、世界遺産(文化遺産)に登録されたが、2001年には周辺地域の干拓の影響で地下水が上昇、地面の軟弱化による遺跡崩壊の危機から、危機遺産リストに登録された。アブミナ。アブーミーナー。

[世界史/南アジア・西アジア・アフリカ史]カテゴリの言葉