出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 水に溶けず、水よりも軽い可燃性物質の総称。動物性・植物性・鉱物性があり、食用・灯火用・燃料用・化学工業の原料など用途が広い。

    1. ㋐動物の肉についている脂肪分。脂身 (あぶらみ) 。「―の多い切り身」

    2. ㋑皮膚から分泌する脂肪。「汗と―の結晶」

    3. ㋒植物の種子などからとれる液体。菜種油ごま油など。「―で揚げる」

    4. 原油を精製したもの。重油軽油灯油など。

    5. ㋔髪油。ポマードチック類もいう。「―でなでつける」

  1. 活力のみなもと。特に酒をさすことが多い。「疲れたから―を補給しよう」

  1. 《火に油を注ぐとよく燃えるところから》おせじ。へつらい。うれしがらせ。

    1. 「えらい―言ひなます」〈滑・膝栗毛・八〉

[補説]一般に、常温で液体のもの(主に植物・鉱物性)を「油」、固体のもの(主に動物性)または皮膚から分泌されるものを「脂」、肉のあぶらを「膏」と書き分ける。