出典:デジタル大辞泉(小学館)

《庭に桐の木が植えてあったところから》宮中五舎の一。平安京内裏の淑景舎 (しげいしゃ) の別称。
源氏物語第1巻の巻名。光源氏の母桐壺更衣の死、源氏の臣籍 (しんせき) 降下、藤壺の入内 (じゅだい) 、源氏と葵の上との結婚、亡き母に生き写しの藤壺への源氏の思慕などが描かれる。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉