出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「きりとおし」とも》

  1. 山・丘などを切り開いて通した道路。「鎌倉の切り通し」

  1. 物事を滞りなくさばくこと。

    1. 「政務―にして、上下の善悪を糺 (ただ) されければ」〈古活字本保元・上〉

出典:青空文庫