出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. の花軸。

  1. 紋所の名。桐を図案化したもので、五三の桐五七の桐などがある。

  1. 《文様に2を用いたところから》大判小判一分金 (いちぶきん) などの判金。きりのと。

    1. 「その時の白菊は―に替へて、小判弐百両」〈浮・好色盛衰記〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉