出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]
  1. つながっているものを断ったり、付いているものを離したりする。特に、刃物などでものを分け離す。「枝を―・る」「爪 (つめ) を―・る」「二センチ角に―・る」

    1. ㋐刃物などで人を傷つけ、または、殺す。「一刀のもとに人を―・る」

    2. ㋑鋭利なもので、からだの一部を傷つける。「ナイフで手を―・る」

    3. ㋒切開手術をする。「盲腸を―・る」

  1. ふさがっているものや閉じてあるものを開ける。「封を―・る」

  1. 遠慮なく、鋭く批判する。「芸能界を―・る」

    1. ㋐溝をほる。「ねじ山を―・る」

    2. ㋑部屋や土間の一部を掘り下げて炉やこたつをつくる。「いろりを―・る」

    3. ㋒謄写版のやすりの上で、鉄筆で文字を書く。「原紙を―・る」

    1. ㋐続いている物事を、そこでやめたり断ったりする。「話を―・る」「電話を―・る」

    2. ㋑続いている人との関係をなくする。「縁を―・る」

    3. ㋒器械を操作して電流を止める。「スイッチを―・る」「ラジオを―・る」

    4. ㋓道や列などを横切って通る。「行列を―・って進む」

  1. 券などにパンチを入れたり、その一部を離したりする。「切符を―・る」

  1. 振り落としたり、したたらせたりして水分などを取り去る。「傘のしずくを―・る」「ざるに上げて水気を―・る」

  1. 一面に広がっているものを分けるようにして勢いよく進む。「波を―・って走る」「肩で風を―・る」

  1. 10 トランプ・カルタ・花札などで、札をよくまぜ合わせる。「カードをよく―・って配る」

  1. 11

    1. ㋐囲碁で、相手の石の連続を断つ。

    2. ㋑将棋で、駒 (こま) を交換し、手に持つ。特に、大駒を小駒と交換する。「飛車を―・る」

  1. 12 免職・解雇・除名する。「従業員の首を―・る」

  1. 13 物事に区切りをつける。

    1. ㋐時期や数量を限定する。「期限を―・る」「先着一〇〇名で―・る」

    2. ㋑ある基準の数値以下・以内にする。割る。「一〇〇メートル一〇秒を―・る」「元値を―・って売る」

    3. ㋒伝票や小切手などを発行する。「小切手を―・る」

  1. 14 際立った、または、思いきった行為・動作をする。

    1. ㋐他に先立って始める。「彼がまず口を―・った」「攻撃の火蓋 (ひぶた) を―・る」

    2. ㋑威勢のいい、または、わざと目立つような口ぶり・態度をする。「たんかを―・る」「札びらを―・る」

    3. ㋒歌舞伎や能で、強い感情を表すためにある目立つ表情・動作をする。「面 (おもて) を―・る」「見得 (みえ) を―・る」

  1. 15 ハンドル・舵 (かじ) などを操作して、進む方向を変える。「ハンドルを右に―・る」「カーブを―・る」

  1. 16 卓球・テニス・ゴルフなどで、打球に特殊な回転を与えたり、その進路を曲げたりするように打つ。カットする。

  1. 17 トランプで、切り札を出して勝負に出る。「クラブのエースで―・る」

  1. 18 空中にきまった形を描く。「手刀―・って懸賞を受け取る」

  1. 19 (「鑽る」とも書く)石と金属を打ち合わせたり、木と木をこすり合わせたりして発火させる。「火を―・る」

  1. 20 (動詞の連用形に付いて)

    1. ㋐完全に、また、最後までその行為をする。…し終える。…し尽くす。「力を出し―・る」「売り―・る」

    2. ㋑限界にきて、これ以上の事態は考えられない状態である。すっかり…する。「疲れ―・る」「弱り―・った表情」

    3. ㋒きっぱり…する。「引き止めるのを振り―・る」「関係を断ち―・る」

  1. 21 物事を決定する。終える。

    1. 「いまだ勝負も―・らぬに」〈今昔・二八・三五〉

  1. 22 (木を切って)つくる。

    1. 「今年はたびをも―・ってはかせい」〈和泉流狂・木六駄〉

[補説]広く一般的には「切る」を用い、人などには「斬る」、立ち木などには「伐る」、枝・葉・花などには「剪る」、布・紙などには「截る」を用いることがある。
[可能]きれる
[動ラ下二]き(切)れる」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース