出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
    1. ㋐物の切れ端。「板の切れ」「布切れ」

    2. ㋑(「布」「裂」とも書く)織物を切ったもの。また、織物。布 (ぬの) 。「木綿の切れ」「余り切れ (ぎれ) 」

    3. ㋒書画などの、古人の筆跡の断片。断簡。「高野切れ (ぎれ) 」「古筆切れ (ぎれ) 」

  1. 刃物の切れぐあい。切れ味。「包丁の切れがにぶる」

    1. ㋐頭脳や技術の働きの鋭さ。「頭の切れのいい人」「技に切れがない」

    2. ㋑投げた球の曲がりぐあいの鋭さ。「カーブの切れがいい」

    3. ㋒さらっとして後に残らない口あたり。「切れのいいウイスキー」

    1. ㋐水気などがなくなること。また、そのぐあい。「油の切れがよくないフライ」

    2. ㋑付着していたものや残っていたものがなくなること。また、そのぐあい。「泡の切れのよい洗剤」「痰 (たん) の切れをよくする薬」

  1. 目じりの切れ込みのぐあい。「切れの長い目」

  1. 石材の体積の単位。一切れは1尺立方で、約0.028立方メートル。

  1. (「ぎれ」の形で)名詞の下に付き、そのものを使い切っている意を表す。「期限切れ」「在庫切れ」

  1. 同類の中の末端の一人。はしくれ。

    1. 「望んで軍 (いくさ) に立ってこそ男の―ともいふべけれ」〈浄・用明天王

[接尾]助数詞。
  1. 切ったものを数えるのに用いる。「たくあん一切れ」「ようかん二切れ」

  1. 江戸時代、一分金を数えるのに用いる。

    1. 「白銀五百匁二包み、小判二十五両一歩合わせて四十―」〈浄・二枚絵草紙〉