出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 細かくいくつにも切れていること。また、そのさま。「切れ切れな(の)雲」「切れ切れな(の)記憶」

  1. 切れそうになって、からくもつながっているさま。「息も切れ切れに言う」

[補説]書名別項。→きれぎれ