出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下二]

  1. 切れて別々になる。

    1. 「理不尽者が切った時、―・れぬ用心ぢゃ」〈咄・鹿の子餅

  1. 思い切る。

    1. 「―・れたる行き方はさすが所に住めばなり」〈浄・阿波鳴渡