き・れる【切れる】 の意味

  1. [動ラ下一][文]き・る[ラ下二]
  1. 力が加わって、ひと続きのもの、つながっているものなどが分かれる。「ひもが―・れる」「緊張の糸が―・れる」
  1. 傷ついたり、裂け目ができたりする。「ひびが―・れる」「手の―・れるような札 (さつ) 」
  1. ㋐破れ崩れる。「堤防が―・れる」
  1. ㋑こすれてへる。すりきれる。「着物の裾が―・れる」「靴下が―・れる」
  1. つながっていた関係がなくなる。「縁が―・れる」「彼女とはもう―・れた」
  1. ㋐今まで続いていたものが、途中やあるところでなくなる。「音信が―・れる」「電話が―・れる」「―・れた雲間から光がさす」
  1. ㋑並び続いているものがとだえる。「町並みが―・れる」「人通りが―・れる」
  1. ㋐売れたり使いきったりして今まであった物がなくなる。「品物が―・れている」「油が―・れる」
  1. ㋑それが有効である一定の時間・期間が終わりになる。「期限が―・れる」「車検が―・れる」「麻酔が―・れる」
  1. ㋒ある基準以下になる。不足する。「元値が―・れる」「目方が―・れる」
  1. 突然おこりだす。逆上する。かっとなる。「彼はすぐに―・れるから怖い」
  1. 振り落としたり、したたらせたりした結果、水分がなくなる。「洗った野菜の水気が―・れる」
  1. 進む方向が横へそれる。左右いずれかへ曲がる。「道が左へ―・れる」「打球が―・れる」
  1. 10 トランプ・カルタなどの札 (ふだ) がよくまじり合う。
  1. 11 囲碁で、石がつながらない状態になる。
  1. 12
  1. ㋐刃物の切れ味が鋭い。「よく―・れる刀」
  1. ㋑見事な効果を示す。「技が―・れる」
  1. ㋒頭の働きが速く、物事をてきぱきと処理する能力にすぐれる。「頭が―・れる」「―・れる男」
  1. 13 (「息がきれる」の形で)激しい運動などのあと、せわしく苦しそうに呼吸する。
  1. 14 (「しびれがきれる」の形で)
  1. ㋐足がしびれる。
  1. ㋑待ちくたびれる。
  1. 15 (動詞の連用形に付いて、多く打消しの語を伴って用いる)
  1. ㋐最後までしとおすことができる。「こらえ―・れずに泣き出す」「逃げ―・れないと観念する」
  1. ㋑すっかり…することができる。「食べ―・れないほどのごちそう」
  1. 16 物事のきまりがつく。
    • 「よき事もわろき事も其時ことは―・るるなり」〈愚管抄・五〉
  1. 17 勢力をもつ。幅が利く。
    • 「わしゃあこではえらう―・れるがな」〈滑・膝栗毛・五〉
  1. 18 気前よく振る舞う。金離れがよい。
    • 「是でもはづむ所では随分―・れて見せるよ」〈滑・浮世床・初〉
  • き・れる【切れる】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・如丹はナイフの切れるのに、大いに敬意を表していた。

      芥川竜之介「魚河岸」

    • ・・・……「十二月×日 靴下の切れることは非常なものである。

      芥川竜之介「馬の脚」

    • ・・・革紐が一本切れる

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」