出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 刀剣・書画・骨董 (こっとう) などの価値をみきわめること。鑑定。目利き。また、その鑑定書。「極めをつける」

  1. 推し進めた最後のところ。極限。果て。きわみ。

    1. 「運の―ぞ無念なる」〈謡・熊坂

  1. 定めること。決定。契約。

    1. 「先刻 (さっき) の―じゃあ、私がおかみさんな筈だよ」〈滑・浮世風呂・二〉