出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「きわめづき」とも》

  1. 書画・刀剣などで鑑定書のついていること。また、そのもの。→極め書き

  1. すぐれたものとして定評のあること。また、そのもの。折り紙つき。「極め付きの芸」「極め付きの大酒飲み」

  1. 歌舞伎で、ある俳優の演技が他のだれよりもすぐれていると定評のある役柄。

  1. 俗に、程度の甚だしさが最高である事物・事例。最たる事物・事例。「この店のおすすめメニューの極め付きはこちら」

[補説]「極め付け」ともいうが、本来は、「極め付き」は事物等に極め書きがついていること、「極め付け」は事物等に極め書きをつけることをいう。