出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 詩歌を声に出してうたうこと。吟じること。

  1. 詩歌を作ること。また、その詩歌。「車中の吟」

  1. 漢詩の古詩の一体。調子が悲痛で沈んだもの。「白頭吟」「江上吟」

  1. 謡曲で、声の出し方の強弱。「つよ吟」

  1. (ふつう「ギン」と書く)義太夫節の語り方を示す文字譜の一。三味線の三の糸の嬰 (えい) ヘ音を中心とした旋律。

[文学/外国の文学]カテゴリの言葉

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉