出典:デジタル大辞泉(小学館)

《五行を四季に配すると、金は秋に当たるところから》秋のけはい。秋気。

「―蕭条として忽ち至る殺風景」〈鏡花・日本橋〉