出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国で、士大夫の身につけるべきものとされた琴と碁と書と画の四芸。日本でも室町時代以後、掛け物・襖絵 (ふすまえ) ・屏風絵 (びょうぶえ) などの題材として盛んに描かれた。

[補説]書名別項→琴棊書画